2017年07月30日

鏡は横にひび割れて

ap26.png


(前回の絵の続き)
いちいち相手にするのがすごいストレスなネル。



以下、絵と全然関係ない本話です。

あいかわらずのクリスティーブームが続いています。
毎週金曜、仕事帰りに本屋に行って“一週間頑張った”と思いながらクリスティーを2冊選んで買って帰るのがパターンになっています。

で、“鏡は横にひび割れて”を読み終えました。
“杉の柩”の時も思いましたが、タイトルの付け方が本当にいいです。
“鏡は横に〜”は、テニスンの“レディオブシャロット”という詩の一文から来ていて、日本人にはなじみのない詩人ですが、ラファエル前派の画家たちがよくテーマにつかっている題材で、私はこのラファエル前派の絵が大好きなのです。
特にウォーターハウスの“シャロットの女(船に乗ってる方)”の絵は初めて見た時衝撃で、この本を読んでいる間も、詩の文句が出てくるたびにあの美麗な絵が脳裏に浮かびました。

それにしても、何冊かクリスティを読んでみて、人間というものの考え方にハッとする文章が多々あって、そのたびにすごいなぁと思います。
「ポケットにライ麦を」の、金持ちの女に言い寄る男を非難するシーンで、「金を欲する男は、貧しい女と結婚すると貧しさを女のせいにして苛めるからよくない。そういう男は金持ちの女と結婚すれば、その富をもたらす女を大切にするから、お互いうまくいくのだ」というような事をミス・マープルが言うんですが、なるほどなぁと思いました。
「鏡は〜」にでてきた「親切と思いやりは違う」というのもそうだし、「春にして君を離れ」なんて一冊まるまるがそんな話だし、人間の性質をよく知り尽くした作家だったのだろうなぁと、読めば読むほど思います。

今は「ナイルに死す」を読んでいます。
今日は体調が悪くて、ちょっと本でも読みながら横になるか…とはじめたらとまらなくなってしまいました。なんだこれ、おもしろすぎ…!
クリスティーブームにのって、昔読んだクィーンやカーの古典ものを読み返したくてたまらなくなりました。
創元の新刊でもすごく気になる本があるし、読みたい本が山の様で追いつきません。楽しみがたくさんで、なんて幸せw



拍手くださった方、ありがとうございました!
嬉しいです。元気のいただきました!



(以下、「鏡は横にひび割れて」の感想です。内容から、真相が予想できます。
未読の方にはおすすめしません。自己責任でどうぞ)

続きを読む
【本話の最新記事】
posted by wis at 00:34| Comment(0) | 本話

2017年07月27日

リベンジ

ap25.png


昨日のリベンジでチトセとネル。
さすがにまだ同じ絵を描く気にならなかったので、昨日パアにしたネタはまたいつか気が向いた時に描きます。

この二人の絵だと、カテゴリーをワイルドシャドウにするべきか鬼シリーズにするべきか迷うんですが(ってかどっちでもいいんですが)、一応チトセの髪色で分けています。
リョウランネタの絵はともかく、ただネルとツーショットしてる絵で地毛(チカタ)verの絵がほとんどないのは、多分私がシェダー仕様が好きだからなんだと思います。
チトセは各話ごとに髪色を変えていて、11話では白にしようと決めて以来、絵でも白で描くようにしていたはずなんですが、なんかいつの間にか青に戻っていました…。



拍手くださった方、ありがとうございました!
元気いただきました。嬉しかったです!

posted by wis at 00:51| Comment(0) | 創作 WLDSHADOW

2017年07月26日

泣く

1365.png

チトセとネルの絵を描いていたんですが、間違えて白紙のキャンバスを上書きしてしまって、あと色塗りだけ!…という所を全て真っ白にしてしまいました。
ああああああ、心が砕けた。気に入っていた分、打撃が半端ない。

ネルを片手抱っこしてる絵だったのですが、おかげでパアになったので、代わりに昔描いたソフィーを抱っこしてる絵を置いておきます。
ソフィーのセリフから察するに、多分計画停電していた頃の絵です。(見たことある人はすみません)
チトセは怒ってるけど、鬼絞で七つ竜もってヤクイ山駆け上ったんだから、実際チトセなら大したことない気がします。(今みると)

なにはともあれもうショックでヘロヘロなので、今日はもう寝ます…。うおー(涙)



拍手くださった方、ありがとうございました!
励みになります…!

posted by wis at 00:52| Comment(0) | 日記

2017年07月24日

ワイルドシャドウ11話

ap17.png


ようやくエンジンがかかって動き始めました、ワイルド11話。
10話までの間に「色々考える事が残っちゃったけど、ま、いいや。次の話書くときの自分ガンバレ」とやってきたツケを払う時が来た、(一応の)ラスト2話です。
そんなわけで、あっちこっちに散らばった伏線回収に目が回っています。一個拾ってるうちに、最初に拾った一個を見失う…のような、ちょっと進んでは下がって下がってで、なかなか進みません。
9話、10話はもちろん、ハートローピンクとか七つ竜とかパミーナとか、いろんな話のネタが出てくるのでその辻褄あわせと、書きたいシーンを繋ぎ合わせる調整がいまだかつてなく複雑で、書くより調整調整調整という感じです。
これがわかっていたから、なかなかエンジンかからなかったのですが。
バラバラグチャグチャの部屋の中で途方に暮れていたのを、やっと一通り整理して、さあコイツらをどう使おうか――とやり始めたぐらいの段階でしょうか。

ハートローピンクもすごく苦労した話で、これも4、5年抱えてやっと完成させた話でした。喉元すぎればなんとやらで、出来上がってしまうと、何を悩んでいたのかよくわからないんですが、当時はもーーーー唸って唸って、苦しんだ後(メモ)が山のように残っています。
でも、それでも書き上げられたから、11話もいずれは完成するだろうとは思っています。(他人事のように)

12話(最終話)のタイトルが、ワイルドシャドウをサイトにアップした時から考えていた特別に思い入れのあるものなので、それを早く明かしたいのと、全て終わった後のアレコレが書きたいという欲望があるんですが、そこに行くにはまずは11話書かないといけないという、頑張り所。
寝てる間に無意識で書いてないか、いっそ親切な小人が出てきて書いてくれないかと思います。w

でも、久しぶりにキャラをしゃべりたいだけしゃべらせるのは楽しくて、やっぱり小説書くのは楽しいなぁと思います。
なんとか今年中に11話あげたいものです。すべてはやる気の継続にかかっている。



拍手くださった方、嬉しかったです!
頑張るファイトが湧きました。ありがとうございました!

posted by wis at 00:27| Comment(0) | 創作 WLDSHADOW

2017年07月22日

ジョニー

ap23.png


ルーディの、下の絵との温度差w

ワイルドシャドウ絵にたびたび登場するこの虎のぬいぐるみはジョニーという名前で、エリサが良く抱っこしてますが、正確にはルーディのだったりします。
もはや知る人はほとんどいないと思われますが、その昔、このジョニーネタを(絵板で)たくさん描いていて、ワイルドシャドウのマスコットキャラ的な存在になっていたので、実はちょくちょく絵に登場しているのです。
過去ログに結構まぎれていているので、意識して見ると「あ、ここにもいた!」となるかもしれません。w
実は本編でも、名前だけ登場しています。(ルーディが入院中の病室で)
ほっぺのしま模様が縦になったり横になったりするんですが、これは別に2種類いるわけでなく、ただ単に私が間違えているだけです。w

話ずれますが、この絵に使ってる書体「Ambrosia」っていうんですが、この癖のあるデザインがすごく好きで(とくにグルグルがw)名前も好きでお気に入りです。
今回たまたまワイルドシャドウですが、イメージはカルマにあうので、カルマ絵とか、TOPがカルマの時のサイト名とかに結構使っています。
書体といえば、会社で書体の素材集を見ていたら“エティエンヌ”っていう文字があって、「うおー!」と思った事があります。使わなかったけど。w



拍手くださった方、ありがとうございました!
元気いただきました。嬉しかったです!

コメントお返事は続きから

続きを読む
posted by wis at 19:08| Comment(0) | 創作 WLDSHADOW

2017年07月20日

目は口ほどに

ap22.png


ハートローピンクを読み返していて、カイはエリサの出現にひょっとしたら…と思ったんじゃなかろうかと思って出たネタ。まったくありませんでしたが。

昨日あたりから、やっとワイルドシャドウ11話のスイッチが入りました。
準備不足で書きだすのが不安なので、話の展開とかダラダラダラダラ考えて進まなくて…の繰り返しなんですが、やる気があると、なにも考えてなくてもとりあえず書き出せる。
とにかく書きはじめてキャラに勝手に動いてもらう方が絶対に話が進むとわかっているんですが、気分が乗らないとなかなか踏み出せないのです。
その波が4か月たってやっと来ました。ああーこのやる気が休みまで続きますように…!



拍手くださった方、ありがとうございました!
やる気湧きます。嬉しかったです!
posted by wis at 01:16| Comment(0) | 創作 WLDSHADOW