2017年06月18日

ネル

a4.png

ケイト・モートン「忘れられた花園」が文庫化になったので、再読しています。
初めて読んだとき胸が抉れましたが、再読でもやっぱり抉れる。この人の話は本当に私の好みドストライクです。
「忘れられた花園」を始めて読んだのが、ちょうどチトセとネルが出てきた頃だったんですよね。
続けて「悪魔に食われろ青尾蠅」を読んで、連続して「ネル」という登場人物が出てきたので(そして後者は、なかなかにショッキングな役柄で)、新キャラの名に使いたいなぁという事で名付けた思い出。
これがなかったら、もっと日本人っぽい名前付けていたと思うし、ネルから派生したルカ達ササマ家の名前もがらりと変わっていたんだろうなと思います。
ということで(?)めずらしいネルの単体絵。

最近読んだ本でよかったのは、クリスチアナ・ブランドの「領主館の花嫁たち」と同じくブランド「暗闇の薔薇」。
どっちの作品も、登場するメインの女キャラにムカムカしながら読みました。まあー本当イライラする女キャラを書くのが上手い作者だなぁと。(笑)
前者は途中である程度溜飲がさがり、後者はラストで180度見方がかわって切なくなりましたが。

***

拍手くださった方、嬉しいです。ありがとうございました!

posted by wis at 02:06| Comment(0) | 創作 WLDSHADOW